海外生活では食事に気を付けるべき?!

未分類

海外留学や海外移住している日本人の方々は、「日本に帰ったら日本食を食べたい」と日本食がものすごく恋しくなると聞きます。
何故かというと日本と海外の食事は全く違うからだそうです。

どのように違うのか今回は、日本とアメリカで比較してみました。

日本の食事は、ごはんを主食としながら主菜、副菜に加え、乳製品や果物が加わったバランスのとれた食事が特徴です。

アメリカの食事は、味が濃い、量が多い、油っぽい料理が多くファーストフードやチーズを使った食事が特徴です。

日本の食事に慣れている日本人からすると、かなり違いを感じてしまいそうですね。
日本人がアメリカで、油っぽい物ばかり食べていると、次の日に胸焼けや吐き気などの胃の不調を感じてしまう人も多くいるそうです。

対策としては、海外生活での食事には十分気を付けることが大事みたいです。
野菜や魚等を意識的に摂ることが良いそうです。
海外には日本食のレストランや、スーパーなどに日本の調味料が売っているので海外でも食べることはできます。
ただ日本と比較すると海外のスーパーで売っている日本の調味料は金額が高いそうなので日本から持参しても良さそうですね。

そして万が一、胃もたれしてしまった場合は、消化の良い食べ物で、食物繊維や脂肪が少ないものを選び、できるだけ煮込んで柔らかくして食べると効果的だそうです。

また海外に行く際は、胃腸薬を常備することをおすすめします。
胃腸薬を飲んでも治らない場合や、胃もたれとは違う胃の異変等があった場合不安になると思います。そんなときはYokumiruに相談してください。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索