ヨクミル相談医師である小澤 公哉医師の写真
相談医師

小澤 公哉

相談科:
海外にいる日本人の皆様へ
内科と循環器内科を専門としている小澤公哉です。高血圧、脂質異常症(高コレステロール血症)、糖尿病、高尿酸血症などの生活習慣病、動悸、胸の痛み、息切れ、むくみなどの循環器疾患を得意としております。心筋梗塞、不整脈、肺高血圧症、心肥大など専門的な疾患についてももぜひお気軽にご相談ください。アメリカ ポートランドのオレゴン健康科学大学に6年、オーストラリア シドニーのシドニー大学に2年勤務したことがございます。ヨクミルを活用することで、海外在住者の皆様が健康でより良い毎日を過ごせることを切に願っております。
プロフィール
2007年
聖路加国際病院 初期研修医
2009年
榊原記念病院 循環器内科 専門研修医
2011年
千葉大学医学部附属病院 循環器内科 検査部 その後、米国オレゴン健康科学大学、豪州シドニー大学に留学経験あり

資格等
医学博士 総合内科専門医(日本内科学会認定) 循環器専門医(日本循環器学会認定)
所属学会
日本内科学会、日本循環器学会

医師紹介
海外生活の経験がある小澤先生。ヨクミルのどこに興味を持たれたか、ご専門分野などのお話を伺いました。

― ヨクミルのどこに興味を持たれましたか?
知り合いの紹介で知りました。外国語や海外医療に不慣れな人も安心して過ごせるように、医療相談でサポートしている点に共感しました。海外では、医療機関をどのように受診すればよいか戸惑い、保険の手続きや高額医療費の請求など、不安がつきないと思います。ヨクミルで日本人医師に相談することで、戸惑いや不安を解消できるのではないかと思いました。

― 先生の専門分野や得意分野を教えてください。
内科と循環器内科が専門で、総合内科専門医と循環器専門医の資格があります。内科は発熱、咳、腹痛、便秘、下痢、発疹など一般的な症状に対応し、「生活習慣病」と呼ばれる高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、肥満など治療が専門です。循環器内科では動悸、胸の痛み、息切れ、足のむくみなどは不整脈、心筋梗塞や心不全など、重大疾患の可能性がある症状に対して、受診するタイミングや必要な検査や治療についてアドバイスができます。心臓超音波などの画像診断も専門で、診断結果に対しても相談にのれます。

― 普段どんな症状の診察・治療・研究をされていますか?
発熱、インフルエンザなどの一般内科と、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病を担当しています。専門領域では心筋梗塞後や狭心症、抗がん剤投与後の心臓超音波の検査や診察を行います。また、心血管疾患に対する超音波分子画像の開発や病態の解明を研究しています。心臓をリアルタイムで撮影するため、機能の良し悪しや肥大が一目で診断できるものです。超音波とマイクロバブルという泡状の造影剤を用いて、血流を改善させる新たな治療方法の開発も行っています。

― 専門分野を選択された理由を教えてください。
小学生の頃から「病気で困っている人を助けたい」と思っていました。研修医になってからは、自分や大切な人が「この先生に診てもらいたい」と思えるような信頼できる医師を目指しました。循環器内科は、人の命に直結する心臓や血管系を治療するので、責任とやりがいを感じて選択しました。

― 先生のご趣味やリフレッシュ法を教えてください。
体を動かすことが好きで、バレーボール、ハイキング、テニスでリフレッシュしています。アメリカにいる頃はスポーツを通じて地元の人や大学生など、数多くの友達ができました。また、興味のある物事を調べることが好き、海外の税金や健康保険のことをよく調べました。

― どんな人にヨクミルを利用してもらいたいですか?
「体調が悪いけど、どうしていいか分からない」、「病気と診断されたので誰かに相談したい」という方に利用してもらいたいです。アメリカとオーストラリアに居住経験があり、保険を含めた医療システムに精通しています。生活習慣病のことはお任せください。持病を抱えながら、海外で頑張って生活している人の力になれれば幸いです。動悸、胸の痛み、息切れ、むくみなどの症状が気になる方、高血圧症や脂質異常症などの生活習慣病に関する健康相談、処方薬や市販薬の相談などお気軽に相談していただければと思います。誠実でわかりやすい説明を心がけ、相談者に親身に寄り添ってアドバイスします。

カテゴリー

アーカイブ

検索

ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう