中国・上海でのロックダウンなどのストレスもメンタル相談で救われた!

未分類

会員様からヨクミルでメンタル相談をされた経緯や、利用した感想をいただきましたのでご紹介します。

中国・上海でのロックダウンなどのストレスもメンタル相談で救われた!

自宅隔離で平常心が保つのが難しくなり・・・

Mさん(インドネシアから中国駐在/40代女性)

コロナ、ロックダウン、様々な国際問題・・・海外で仕事をするストレスは想像以上です。不確実性の高い要素が多いだけではなく、慣れない生活環境の下でビジネスの結果を追わないといけません。
私自身、メンタルは強い方だと思っていて、昨年のインドネシアから続くロックダウンも耐え抜くことができました。
しかし、二次感染者となり8日間の自宅隔離になった際、平常心を保つことが難しくなったのを感じました。
「なぜ自分がこんな場所で、こんな目に遭わないといけないのだろう・・・」という気持ちになりました。辞令とは言え、最終的にこの選択をしたのはもちろん自分です。
そう頭では理解していながらも、感情がついていかないのを感じました。

経験豊富な医師が客観的に分析してアドバイス
そんな時に知り合いのご紹介から、オンライン医療相談サービス「ヨクミル」を利用する機会に恵まれました。海外在住で時差があっても、日本人医師に直接相談できる海外生活者向けのオンラインサービスで、精神科・心療内科の医師も多数いらっしゃいます。
私は30分のコースで予約させていただきました。短いかな?と思いましたが、そんなことはなく、色んな角度からの質問を通じて今の自分を客観的に医学的に分析してくれ、最後に分析結果と私でもできるアクションプランを提示してくださり、満足度は期待以上でした。「専門家の客観的な意見を貰う」ということは。限界を超えて頑張っている人には必要なセルフケアだと本当に感じます。

手軽に相談できる海外生活者の心強い存在
ちなみに、分析結果は「強いストレスがかかっているため、今後食事睡眠の乱れや、気分が大きく揺れたまま戻らない・戻りにくい状況があるようなら医療機関の利用も勧める」という想像以上のシビアなものでした。
アクションプランとしては、すぐにできる認知療法や参考図書の紹介もしてくださいました。
客観的な医学的意見をいただいたことから、その後気持ちは非常に落ち着き、お陰様で元気に過ごしております。心身の健康は、自分で積極的にケアしていく必要性を感じた出来事でした。
そういう時に手軽にオンラインで予約・相談のできるサービスがあることは、海外で生活する者にとって本当に心強い存在ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海外での生活は、望んだものであっても心へ負荷がかかりますが、コロナ禍であればさらにストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。
もしものことが起きる前に、相談できる方法を見つけておくことも、海外での長期滞在の準備の一つに加えても良いかもしれません。心の不調もひとりで抱え込む前に、ヨクミルで専門医に相談してみませんか?

阿南伴美先生 メンタルヘルス・産業医・総合診療科

Mさんを担当した阿南先生は、アメリカ居住経験もあり、パンデミックの中での海外生活で、心身の不調からくる不安感も理解してくれます。
身近な人にも相談しにくい心の問題も、話を聞いてもらうだけでも楽になりますよ。

阿南先生の紹介ページはこちら

 

 

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索

オンライン医療相談サービス
Yokumiruをダウンロード
Download on the App Store Google Play で手に入れよう