ヨクミル相談医師である上野 由香理医師の写真
相談医師

上野 由香理

相談科:
海外にいる日本人の皆様へ
はじめまして。整形外科医の上野です。 一般整形外科、こどもの整形外科を専門としています。 私が海外生活で頭を悩ませたのが、教育と医療面です。 特に医療に関しては、言語や文化の違いによって良いコミュニケーションがとれないと不安や不信感に繋がり、良い結果が得られないことがあります。現地の医療機関と良いコミュニケーションをとるための助けとしてyokumiruの私たち日本人医師を活用していただければと思います。 皆さんの海外生活がより充実したものになるよう協力させていただきます。
プロフィール
2003年
国立大学医学部を卒業
 
以後、整形外科医として都市部、地方の基幹病院にて研鑽を積む。
2010年
整形外科専門医取得
2017年
医療アドバイザーとして、海外在住邦人への医療相談、健康診断フォローアップ等を提供を開始し、現在に至る
 
専門は一般整形外科、小児整形外科


医師紹介
現在ドイツ在住で、在独日本人に対して医療アドバイスや健康サポートを提供している上野先生にお話を伺いました。

— Yokumiruのどこに興味を持たれましたか?
私は、以前はフィリピンに住んでいて、現在はドイツに住んでいます。子育てをしているため今は病院勤務をしていないのですが、そんな私が今まで培ってきた専門を活かすことができる働き方として、Yokumiruに関心を持ちました。

— 先生の専門分野や得意分野を教えてください。
2003年に医学部を卒業し、整形外科医として勤務してきました。その中で特に小児整形外科治療に興味を持ち、専門施設での研修や勤務を経験しました。現在は在独日本人の方を中心に、医療アドバイスや健康診断のフォローアップなどの健康サポートを提供しています。

— 小児整形外科のどんなところに興味を持たれたのですか?
小児整形外科は、大人と同様の骨折やスポーツ外傷など以外に、先天性疾患の治療も行います。先天性の疾患は1000人に1人、数万人に1人と人数も少なく、治療できる病院も少ないのであまり知られていないのですが、ギプスを使って少しずつ変形を矯正したり、辛抱強く経過観察するなど手術以外の治療法も多くやりがいを感じていました。

— ドイツの医療事情は日本とは随分違いますか?
ドイツはホームドクター制度があり、直接専門医にかかることはできません。何か不調があるときは、まずホームドクターに診てもらって、さらに検査が必要な場合は、紹介状をもらって専門医に行くという流れです。日本から来た方は、まず良いホームドクターを見つけるのに苦労しているという話をよく聞きます。

— 先生も海外で医療に関して困った経験はありますか?
幸い私も子供も丈夫なので困ったことはないのですが、周りの方から「治療のために日本に帰った方が良いか?」などの相談を受けることは多くあります。

— 先生のリフレッシュ法を教えてください。
今住んでいるのは都心部なのですが、国の政策として自然を残すというのがあるので、周りに森や湖などの自然がたくさんあります。その中を散歩するのが好きです。森を散策しながら、ブラックベリーを取って食べたりしています。

— どんな人にYokumiruを利用してもらいたいですか?
ご自身の健康問題について、とにかく日本語で情報が欲しい方には最適なサービスだと思います。よくわからないまま現地で検査や治療を受けることを回避できます。なんでも気軽にご相談ください。

明るい笑顔がとても素敵で、話しやすい先生です。ご専門の一般整形外科、小児整形外科以外にも、海外医療事情にも詳しいのでコミュニケーションの取り方などもアドバイスもらえると思います。

カテゴリー

アーカイブ

検索

ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう