小児科

小児科

相談科紹介

1.小児科とは

小児科は、新生児から思春期までの子どもの健康と発達に関する医療分野です。小児科医は、子どもの身体的、精神的な成長や発達、疾患の診断、治療、予防、健康アドバイスを専門的に提供します。小児科は子どもの成長や発達に合わせて子供の身体的、精神的、社会的な健康を総合的に評価し、治療やケアを行います。

小児科に関する主な疾患と症状

小児科に関する主な疾患と症状

発育障害
身長や体重の成長が適切でない場合、成長ホルモン不足、栄養不良、甲状腺疾患などが原因である可能性があります。
感染症
風邪、インフルエンザ、耳感染症、咽頭炎、水ぼうそう、麻疹、風疹など、子どもは感染症にかかりやすく、早期診断と治療が重要です。
アレルギー疾患
食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー関連の疾患が子どもに影響を及ぼすことがあります。
消化器疾患
胃腸のトラブル、便秘、下痢、胃炎、胃潰瘍、クローン病などが子どもに見られる場合があります。
呼吸器疾患
喘息、気管支炎、肺炎、睡眠時無呼吸症候群(SDB)などが小児期に発症する可能性があります。
心臓疾患
先天性心疾患、リウマチ熱、心筋炎などが子どもの心臓に影響を及ぼすことがあります。
神経学的疾患
てんかん、発達障害(自閉症スペクトラム障害など)、神経筋疾患などが小児科領域に含まれます。

2.海外で気をつけたいこと

海外での子どもの感染症対策

海外旅行前に、目的地で必要な予防接種や健康証明書の要件を確認し、小児科医に相談して接種スケジュールを調整しましょう。特に感染症が流行っている地域に行く場合、感染症予防策(手洗い、マスク着用など)を子どもに教え、実践させることが重要です。

海外での処方薬

子どもの薬は、体重や体表面積で量を決めるため、大人の場合ほど問題はないと考えられます。一方海外で処方される薬は、日本では使わない方がいいとされているケースがあるため、注意が必要です。鎮痛解熱剤や下痢止めなど、処方されても使用しない方がいい薬があることを覚えておきましょう。

気温や天気の変化などに注意

日本とは違う気温や天気、その変化に注意しましょう。子ども、特に赤ちゃんは大人より体温調節機能が未熟で、暑さを感じてから汗をかくまで時間がかかってしまうため、体に熱がこもりやすくなっています。日焼けや熱中症、また冷房の効き過ぎた屋内なども、冷えすぎに注意が必要です。

3.ヨクミルのオンライン医療相談でできること

子どもの健康と発達に関するヨクミル小児科では、子育てにおける様々な心配の相談が可能です。日本とは異なる海外の環境での子育ては、思いもよらぬ負担がかかっていることがあります。アレルギーや夜尿症、風邪など子育てをしていると心配事が後をつきません。自分だけで解決しようとせず、身近な人や専門の医師に早めに相談しましょう。

3-1.よくある相談

子どもの風邪、発熱時の対応についての相談

熱は病気のサインで、原因となる疾病に対する防御反応でもあります。子どもが発熱した時は、咳や鼻水、下痢、嘔吐など他の症状をチェックして原因を把握しましょう。ヨクミルでは、薬や対処方法、医療機関に行くかどうかの目安、医師への説明方法などをアドバイスできます。

子どものアレルギーに関する相談

食物や花粉など、アレルギーの原因物質は身近に溢れています。下痢や呼吸困難、かゆみや湿疹を伴うアトピー性皮膚炎などのアレルギーも乳児期にはよくみられます。日本では何ともなかった子どもでも、環境や水、食べ物が変わったことで、新たにアレルギー反応を起こすこともあります。アレルギーの原因になっているものを把握して、薬や食事、対処方法などを相談できます。

子育ての悩みや子どものメンタルの相談

周りに情報交換ができる人がいない方は、子どもの成長や体型、言葉の発達などが他の子と比較してどうなんだろうと不安になったり、夜尿症、人間関係や慣れない環境のストレスなど、子どものメンタルなども心配になることも多いと思います。ネットで調べてさらに不安になるより、海外で子育てをしている医師の話や、専門家の意見を聞くことで安心することができます。

 

3-2.庄司 保子医師への相談事例

Nさん(イギリス在住/40代女性)の場合
  • 1
    【相談内容と準備】
    お子様が自分で毛を抜いてしまうという症状についての相談でした。いつ頃からどんな具合でやっているのかを「相談内容」に記載して送っていただきました。
  • 2
    【オンライン相談時】
    お子様の症状を詳しくお聞きすると、ストレス発散の別の方法を身につけ始めているので、見守っていれば大丈夫ということをお話ししました。今後も同様な症状が出る可能性もありますが、指摘しすぎないでよく話を聞いて、娘さんもお母さんもストレスを溜めないようにするようアドバイスしました。
  • 3
    【相談記録を共有】
    相談時間が短かったので、相談時にお話ししたこと以外にも、自分で毛を抜いてしまうことの一般的な原因と、今後の家庭での対応方法、医療機関を受診する目安などをまとめて記載させていただきました。お母様が健康で、安心できる家庭を維持することが大切なので参考になるような内容を共有しました。

相談医師プロフィール

  • 相談医師:庄司 保子 医師
    • 小児科
2000年高知医科大学(現高知大学医学部)卒業
2000年大阪大学医学部附属病院小児科及び大阪府内の関連病院に勤務
2007年大阪府立母子医療センター消化器・内分泌科勤務
2021年日本大学医学部小児科系小児科学分野勤務
2023年大学病院、クリニックで小児内分泌専門外来に従事
医師の情報を詳しく見る
 

3-3.I医師への相談事例

Oさん(アメリカ在住/30代女性)の場合
  • 1
    【相談内容と準備】
    お子さんが特定の食品で嘔吐したので、現地の医師にアレルギー検査を勧められたけど、必要かどうかという相談内容を事前にお知らせいただきました。
  • 2
    【オンライン相談時】
    今までどんな食べ物で、どんな症状が出たかを細かく聞かせてもらいました。乳児はもともと吐きやすいこと、アレルギー以外の考えられる原因などをお話しして、検査をするよりも、まずは自宅での食事で少しずつ試すことをお勧めしました。
  • 3
    【相談記録を共有】
    オンラインでお聞きしたこと、お話ししたことをまとめて記載して、今後どう対応していくのが良いか参考にしていただくために、アドバイスを共有しました。
 

3-4.U医師への相談事例

Hさん(カナダ在住/40代女性)の場合
  • 1
    【相談内容と準備】
    ずっと気になっていたという6歳の子どもの夜尿症についての相談。カナダでは専門医に受診するまでに数ヶ月かかるとのことで、気軽に相談することができないということでした。
  • 2
    【オンライン相談時】
    詳しいお話をお聞きして、過去の怪我や病気が原因ではないようなので、日頃の水分量など気をつけることをお話ししました。また、お子様にプレッシャーを感じさせないように気をつけて、上手くいった日にはカレンダーにシールを貼って励ますなどのアドバイスをさせていただきました。
  • 3
    【相談記録を共有】
    ネットで調べて不安になっていたようなので、日本の夜尿症ガイドラインなどを紹介して、大体12歳頃までには治るということや、気をつけることや病院に行く目安など、相談時にお話ししたこと、母親としての接し方などをまとめて記載しました。
小児科アイコン

ヨクミルで相談できる
小児科の医師

  • 相談医師:北野 ひとみ 医師
    • 小児科
2011年近畿大学医学部卒業 大阪市内の大学や市中病院にて勤務
2016年小児科専門医取得
2017年大阪市内の小児科クリニックにて勤務
2018年日本医師会認定産業医取得
2020年子育て支援グループに参加
2022年海外留学に帯同
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:一ノ瀬 大地 医師
    • 内科
    • 小児科
    • 整形外科
    • 総合診療科
2011年日本大学医学部卒業
2014年筑波大学附属病院初期研修医修了
2018年筑波大学附属病院家庭医療専門医後期研修修了
2020年複数の医療機関で勤務
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:庄司 保子 医師
    • 小児科
2000年高知医科大学(現高知大学医学部)卒業
2000年大阪大学医学部附属病院小児科及び大阪府内の関連病院に勤務
2007年大阪府立母子医療センター消化器・内分泌科勤務
2021年 日本大学医学部小児科学系小児科学分野勤務
2023年大学病院、クリニックで小児内分泌専門外来に従事
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:武井 智昭 医師
    • アレルギー科
    • プライマリケア科
    • 内科
    • 小児科
2002年慶応義塾大学医学部卒業。同大学病院の小児科の研修を経て、主に神奈川県の医療機関での各科の研修を経て、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニック院長(内科・小児科・アレルギー科)
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:山口 太平 医師
    • 外科
    • 小児科
    • 整形外科
    • 胃腸科
1953年北里大学医学部卒業後、国立長崎中央病院、北里大学病院、河野病院で勤務
現在山口外科医院 開業中(東京都福生市にて)
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:岡田 麻美 医師
    • 内科
    • 外科
    • 小児科
    • 産婦人科
    • 総合診療科
2012年福岡大学医学部医学科卒
2014年大阪市立総合医療センター  産婦人科
2017年京都第二赤十字病院救命救急センター 救急科
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:石丸 紗恵 医師
    • 小児科
2006年信州大学医学部卒業
2008年東京都立清瀬小児病院
2010年東京都立小児総合医療センター 総合診療科、血液・腫瘍科
2017年国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科
2019年国立がん研究センター中央病院 臨床研究支援部門/小児腫瘍科
2020年Princess Máxima Center (オランダ)
医師の情報を詳しく見る
  • 相談医師:鹿島 恭子 医師
    • 小児科
    • 放射線画像診断科
1993年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒業
1993年慶應義塾大学医学部小児科学教室入局 
1998年慶應義塾大学医学部放射線診断科入局
2002年国立成育医療センター 放射線診療部医員
2007年上記退職。渡英。
2008年英国ロンドン市内の日系クリニックにて総合診療、特に小児診療に携わる
2020年上記退職。以後、遠隔画像診断に携わる
医師の情報を詳しく見る
ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう