ヨクミル相談医師である高山 恭子医師の写真
相談医師

高山 恭子

相談科:
海外にいる日本人の皆様へ
整形外科とリウマチ専門医です。関節の痛みやこわばり、体の不調、腰痛、首の痛みなど、お気軽にご相談ください。
プロフィール
 


医師紹介
2019年から約3年間、海外の日系クリニックに勤務されていた高山先生。その経緯と、ヨクミルに興味を持った理由や専門分野などについて伺いました。

ー ヨクミルのどこに興味を持ちましたか?
海外では、GPや専門医受診をするのが日本のように簡単ではないので困ったことをまずオンラインで相談できるのはいいことだと思いました。
私の海外での経験を役立てることができるかもしれない、と興味をもちました。

ー 海外滞在中に体調などで困った経験はありますか? _
一番困ったことは手首の痛みと腫れが続いたことでした。最終的に現地のリウマチ医と手の外科専門医を受診してよくなりました。もっと早めに専門医に診てもらえば良かったと反省しました。

ー 専門分野とその道を選んだ理由を教えてください。
専門は整形外科一般とリウマチ科です。自分がスポーツで怪我をすることが多く、一番興味のある整形外科を選びました。整形外科医として全般的に勉強し、診療にあたってきましたが、最近は関節リウマチの患者さんを診療する機会が多くなりました。関節リウマチは、近年治療法が進んでいる領域です。患者さんと相談しながらいっしょに治療をしていくということにやりがいを感じています。

ー どのような症状を先生に相談すれば良いですか?
リウマチの発症初期の症状としては、手足の痛みや腫れ、朝に手足がこわばることが多いです。整形外科の分野では、腰痛、膝痛、肩や首のこり、外傷一般など、心配な症状があれば気軽にご相談いただければと思います。

ー どんな人にヨクミルを利用してもらいたいですか?
整形外科全般の相談はもちろん、リウマチの細かい症状を現地の医師に伝えることや、説明を理解することは難しいと思いますので、サポートできればと思います。女性の整形外科医、リウマチ医として、皆さんの助けになればいいなと思っています。

カテゴリー

アーカイブ

検索

ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう