【健康コラム】子供の低体温 1

コラム

【健康コラム】 子供の低体温 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30年前は平熱が37度以上ある子供が大半でしたが、最近は幼児や小学生でも低体温の子供が増えているそうです。その原因と改善法を探ってみました。

① 子供の「冷えのサイン」をチェック
子供自身に自覚がなく周りも気づかないことも多いので、まずは冷えているかどうかチェックしてみましょう。

⬜︎ 平熱が36.5度以下
⬜︎ 顔色が青白かったり、薄茶色だったりする
⬜︎ 手足やお腹が冷えている
⬜︎ 風邪をひきやすい、すぐに熱を出す
⬜︎ 寝起きが悪い、いつも眠そうにしている
⬜︎ 落ち着きがなく、かんしゃくを起こしやすい
⬜︎ 夜泣きをしたり、夜中に何度も起きたりする
⬜︎ 疲れやすく、いつもだるそうにしている
⬜︎ 湿疹、じんましん、喘息などがある
⬜︎ 乗り物酔いしやすい

1つでも当てはまるものがあると要注意です。改善できるように努めましょう。

② 冷えが招く子供の不調
自律神経の乱れ 朝になっても眠っている時の低い体温のままなので、脳も体も覚醒していません。そのため無気力でやる気が出ない、集中力がない、覚えられないという状態になります。

免疫力低下 大人と同様に、体温が1度下がると白血球の働きが30%低下して、病原体を攻撃する力が弱くなってしまいます。免疫力が落ちることで風邪を引きやすくなったり、アレルギーを発症しやすくなったりします。

血流の低下 体が冷えていると体温を逃がさないようにするために血管が縮み、血流が悪くなります。そのため腹痛、頭痛、便秘、下痢、睡眠不足などの不調を引き起こしやすくなります。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索

オンライン医療相談サービス
Yokumiruをダウンロード
Download on the App Store Google Play で手に入れよう