【専門医監修】盲腸(虫垂炎)の徹底解説:症状、治療と予防

更新日: 投稿日:

この下腹の痛み・・・もしかして盲腸かも?

海外住んでいると、急な腹痛に襲われたとき「もしかして盲腸?」と不安になることもあると思います。
そこで今回は、盲腸とはどんな病気なのか、その原因や自分で判断するときの基準などを探ってみました。

 

虫垂炎(盲腸)とはどんな病気?

小腸と大腸の間にある盲腸に付いている、5〜10cm程度の突起を虫垂といいます。
この虫垂が、異物や糞石(大腸の内容物が固結して石状となったもの)などが原因で閉塞し、
炎症を起こす病気が虫垂炎で、一般的に「盲腸」と呼ばれています。
急に激しい腹痛をもたらす病気を「急性腹症」と呼びますが、虫垂炎はその中で最も多い病気です。
2、3歳くらいの幼児から小中学生、20代くらいまでの発症率が比較的高いですが、
高齢者を含め、男女問わずどの世代にも見られます。
粘膜のみに炎症がある「カタル性虫垂炎」、虫垂壁全体が炎症している「蜂窩織炎性(ほうかしきえんせい)虫垂炎」、
壁に壊死が発生している「壊疽性(えそせい)虫垂炎」に分類されます。

盲腸についている小さな突起が虫垂

盲腸は生活習慣が原因・・・?

急性虫垂炎は、虫垂に急な炎症が起こることによって発病します。
虫垂が炎症を起こす原因は、便が硬くなった糞石など、腸内に長くとどまっている異物が虫垂をふさいだり、
虫垂がねじれたりして、血流が悪くなることで発症すると考えられています。
詳しい原因はわかっていませんが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な生活、便秘、過労など、日頃の生活習慣によって症状が誘発されると考えられています。

 

痛みの位置が移動するのが特徴

虫垂炎は、腹の右下部分が痛むといわれますが、最初は虫垂の根元が詰まって圧迫されるため、
初期段階ではみぞおちや、へその周りに痛みが出ることが多く、吐き気や嘔吐、下痢を伴うこともあります。
腹痛は、位置を変えながらだんだんと強くなります。
虫垂が化膿している状態のため、放置すると虫垂内に膿がたまり、それが右下腹の痛みになって表れます。
痛みでこの部分の腹筋が緊張して硬くなることもあります。この段階では発熱も生じます。
炎症を起こした虫垂は、腸内細菌による感染を起こしたり、外部からの細菌で炎症を起こしやすくなったりします。
さらに悪化すると穴が開いたり破裂したりして、膿が腹腔内へ流れ出て、腹膜炎などを起こし命にかかわることもあるので注意が必要です。
前述のように痛みを感じる場所が、進行具合によって移動するのが虫垂炎の特徴ですが、こうした経過をたどらないケースも少なくありません。
乳幼児は腹全体が痛いと感じ、高齢者はそれほど痛みを感じないこともあるようです。
子どもの腹痛はよくありますが、虫垂炎で膿が広範囲に広がると高熱が出て、おなかを触られるだけでも痛がり、
痛みから背中を丸めた姿勢になることがあります。
虫垂炎と同じような場所が痛くなる病気でよく間違われるものに、
大腸憩室炎、急性腸炎、附属器炎、腸間膜リンパ節炎などがあります。
いずれも炎症を起こしているので、腹痛とともに熱が出たり白血球が増加したりします。

子どもは食欲不振、嘔吐などの症状に注意

病院に行くべきかどうかの判断は?

虫垂炎は、発見が遅れると危険な合併症をひき起こしますので、早期の発見と治療が必要です。
自己判断の基準として、みぞおちから右下に移動するような腹痛を感じたら、痛い場所を上から手で押してみます。
押しても痛みを感じなければ、便秘や軽い腸炎、痛みがあれば虫垂炎の可能性があります。
押したときより手を放したときのほうが痛い場合は、腹膜炎の特徴的所見で、腹膜への炎症の波及が疑われます。
子どもの場合は、まずは触ってみて嫌がらないかどうか判断の目安になります。
痛みを伝えるのが難しい幼児の場合、食欲不振、嘔吐などの症状などで判明することもあります。
いつもと違う様子なら、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

 

以下の症状がみられている場合は、早めに病院に行くようにしてください。
・発熱と腹痛がある
・腹痛と吐き気、嘔吐が続く
・食事がとれないほどの痛みがある
・みぞおちや右下腹部に鈍痛が続く
・歩くと右下腹部に痛みが響く
・みぞおちの痛みが右下腹部に移動した

 

上記ほどではないけど気になる症状がある場合、慢性的な痛みがある場合、判断がつかない場合は、ヨクミルで消化器内科、総合診療科などの先生に相談してください。

 

参考文献
ドクターズ・ファイル「急性虫垂炎(盲腸)」
みんなの家庭の医学「虫垂炎」
まつもと器量センター「虫垂炎について」
YO-TSUMEDIA「突然の腹痛、それって盲腸かも?!盲腸の前兆を知り、重症化を防ごう」
オンライン医療相談サービス『ヨクミル』をダウンロード
監修者プロフィール
野田のだ 一郎いちろう先生
野田耳鼻咽喉科(兵庫県宝塚市)院長。 福井医科大学(現福井大学医学部)卒業。 海外に赴任した患者さんから海外医療に関する不安を多数聞いて、「インターネット上で相談することで、不安を解消できるのではないか」と思いつき、YOKUMIRUシステムを共同開発した。自身も留学経験があるため、海外在住邦人の不安に寄り添い、親身になって相談に乗ってくれると定評がある。
/ 海外生活の情報をお届け \
ヨクミルのSNSでは、海外生活の情報を日々投稿しています。
ぜひチェックしてみてください。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索

ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう