グアム旅行前にチェックしたい安全対策-基本準備から緊急時の対応まで-

更新日: 投稿日:

グアムは、美しいビーチや雄大な自然を楽しめるリゾート地として、多くの観光客に人気があります。しかし、旅行中に万が一のトラブルが起こった場合に備えて、事前の安全対策は欠かせません。以下では、グアム旅行の安全対策について、基本的な準備から緊急時の対応まで詳しく説明します。

1.楽しく遊んでいる時も水分補給を忘れずに!

グアムに旅行する前には、以下の点を確認しておくことが大切です。

・パスポートやビザの有効期限を確認する。
・旅行保険に加入する。
・現地の気象情報や天気予報を確認する。
グアムの気候は、熱帯雨林気候とサバナ気候の影響を受けており、年間を通して暑く湿度が高い環境です。ここでは、グアムの気候で気をつけることについて説明します。

熱中症予防
グアムは年間を通して気温が高く、湿度も高いため、熱中症になりやすい環境です。特に、屋外でのアクティビティや運動、長時間の散歩などをする場合は、以下の対策が必要です。
・こまめな水分補給をする。水分補給は、水だけでなく、スポーツドリンクや塩分補給も大切です。
・帽子や日傘、日焼け止めなどを利用し、日差しを避ける。
・屋内やクーラーのある場所に避難する。
・熱中症の症状が現れた場合は、すぐに休憩し、水分補給をする。

突然の雷雨に備える
グアムは、突然の雷雨が発生することがあります。雷雨による落雷や突風、洪水などの危険があるため、以下の対策が必要です。
・雷雨が発生した場合は、屋内や車内に避難する。
・野外や海岸でのアクティビティは、雷雨予報がない場合でも、避けるようにする。
・海でのアクティビティは、雷雨が発生する可能性がある場合は、中止する。

ハリケーン対策
グアムは、ハリケーンの通過する可能性がある場所でもあります。ハリケーンに備えて、以下の対策が必要です。
・ハリケーンが接近している場合は、早めに屋内に避難する。
・宿泊施設のスタッフからの情報に注意し、指示に従う。
・ハリケーンが過ぎた後は、周辺の環境が危険な場合があるため、警戒する。

・現地の通貨を用意する。
グアムの通貨は、アメリカ合衆国ドル(USD)です。グアムはアメリカ合衆国の海外領土であり、アメリカ合衆国ドルが法定通貨として使用されています。また、グアムの多くの場所では、クレジットカードやトラベラーズチェックも使用できますが、一部の小さな店舗やマーケットでは現金が必要となる場合があります。グアムに旅行する際には、USDを準備し、必要に応じて現金とクレジットカードを併用することをおすすめします。

・旅行中の予定や宿泊先、連絡先を共有する。

レンタカーやレンタバイクは歩行者にも注意して

1.レンタカーグアムでは、観光客がレンタカーを利用することが一般的です。ただし、車は右側通行であることや、アメリカ仕様の交通標識が使用されていることに注意が必要です。また、運転免許証と保険証明書を携帯していないと、罰金が科せられることがあります。
2.タクシーグアムには、多数のタクシーが走っています。タクシーは、交通渋滞が少なく比較的快適に移動できます。ただし、タクシーの利用は、日本と比べて高額であることに注意が必要です。
3.バスグアムのバスは、日本のように時刻表があるわけではなく、定期的に運行されるものではなく、非常に不規則なため、あまり利用されません。また、バスが運行されるエリアも限定されています。
4.レンタルバイクグアムでは、レンタルバイクを利用することもできますが、自転車や原付きバイクの場合は、安全面や交通ルールに対する理解が必要です。
5.歩行者グアムでは、歩道が整備されていない場合が多く、歩行者が車道を歩くことが一般的です。しかし、車道を歩く場合には、歩行者が優先されるわけではないため、十分な注意が必要です。

以上のように、グアムの交通事情は、日本とは異なるため、十分に注意して移動する必要があります。また、レンタカーやバイク、自転車などの利用には、グアムでの運転免許証や保険証明書が必要になる場合があるため、事前に確認することが大切です。

これらの基本的な準備をしっかりと行うことで、旅行中にトラブルが起こった場合でも、迅速かつスムーズに対処することができます。

2.グアムでの安全対策

グアムは一般的に治安が良いとされていますが、観光客に対する犯罪が発生することもあるため、以下の安全対策に注意することが大切です。
グアム警察によると、2018年のグアム島内における全犯罪認知件数は9,422件で、罪種別では、暴力犯罪や飲酒運転違反の件数が増加傾向にあること、全犯罪認知件数の約半分が窃盗罪であることなどの特徴が挙げられます。犯罪認知件数は、窃盗罪、強盗、自動車盗、傷害、強姦、殺人の順に多く、グアムではこうした犯罪に巻き込まれる可能性が高いと言えます。そのほか、薬物犯罪も多く発生しています。
 また、観光客を狙った強盗、ひったくり、置き引き等の犯罪が多発しています。特にビーチで荷物から目を離した少しの間の置き引き、ホテルロードでの強盗、ひったくり、観光名所での車上狙い等が多く発生しています。
 したがって、このような犯罪が実際に発生しているということを十分認識し、防犯意識を高めることにより、犯罪被害に遭うリスクを少しでも回避できるよう平素から防犯対策を心掛けてください。

(1)日本人観光客にかかる主な犯罪被害例
観光名所の駐車場にレンタカーを駐車中、何者かに車の窓ガラスを割られ、車内にあった荷物が盗難被害に遭った。
・グアム北部のビーチに向かいレンタカーで走行中、突然ジャングルから銃を持った男が現れ、車から降りるよう脅された。車から降りると男は車を奪って逃走した。
・深夜、ホテル近くの路上を歩行中に、車に乗った2人組の男にバッグをひったくられた。
・午後11時ごろ、タモンビーチにて夜空を眺めていたところ、通りすがりの男に荷物を盗まれたため、追いかけたところ、殴る蹴るの暴行を受けた。
・ビーチに荷物の監視者を残さずに貴重品の入った荷物を残して遊泳していたところ、荷物を全て盗まれる置き引きの被害に遭った。
・レンタカーで南部を観光中、現地の男に家まで送ってほしいと頼まれ、送る途中で暴行を受けて車とバッグを強奪された。

(2)日本人観光客の事故例

交通事故
・タモン地区ホテルロードの交差点で、青信号で道路を横断していたカップルが車に轢かれ両足骨折の重傷を負った。
・タモン地区の交差点で、直進信号の青色を左折信号と見間違え、左折しようとしたところ、対向車線から直進して来た車両と正面衝突し、骨折などの重傷を負った。

水難事故
・素足でビーチを訪れ遊泳していたところ、鋭利な珊瑚が足の裏に刺さり裂傷を負った。
・ビーチでシュノーケリング中、岩穴に腕を入れたところ、奥に潜んでいたウツボに噛まれ裂傷を負った。
・ホテルのプールにて、両親が目を離した隙に5歳児がプール内に落下し溺れ、病院に搬送された。
・オプショナルツアーでダイビングを行っていた際、水中で具合が悪くなり病院に搬送されたが、死亡した。

その他の注意ポイント
・貴重品は必要最小限にとどめ、ホテルのセーフティボックスに預ける。
・夜間や人気のない場所はできるだけ避ける。
・外出時は、人通りの多い場所や明るい場所を選ぶ。
・路上での飲酒は避け、知らない人からの飲み物は受け取らない。
・公共の場でのスリや置き引きに注意する。
・緊急時には、すぐに警察に通報する。

また、グアムは海水浴やダイビングなどの水上アクティビティが盛んな場所でもあるため、海上での事故に備えて、ライフジャケットの着用や、適切な監視者が付くなどの対策を取ることも大切です。

3.緊急時の連絡先を事前にチェックしましょう!

緊急事態が発生した場合には、冷静に対処することが大切です。以下に、緊急時に取るべき対処法をまとめました。

・怪我や病気の場合は、医療機関を受診する。日本人旅行者向けの医療機関もあります。
・盗難や置き引きの場合は、すぐに警察に通報する。
・自然災害や気象条件の悪化が予想される場合は、旅程を変更したり、宿泊先を変更するなどの対策を取る。
・地震や津波が発生した場合は、適切な場所に避難する。
・台風などの気象条件が悪化した場合は、屋内に避難する。
・交通事故が発生した場合は、警察に通報し、医療機関を受診する。

また、緊急時には、必要な情報をいち早く共有することも大切です。現地の緊急連絡先や、滞在先の連絡先、緊急時に使える通信手段などを事前に確認しておき、必要に応じて活用するようにしましょう。

救急車・消防・警察:911グアムで発生した緊急事態に対応するために、最初に呼ぶべきは、911番号です。救急車、消防車、警察車両を呼ぶことができます。
日本国大使館・総領事館グアムで日本人が緊急事態に巻き込まれた場合、日本国大使館や総領事館に連絡することができます。以下が日本国大使館の連絡先です。
・所在地:グアム・タムニン地区道路297番地
・電話番号:(671) 647-4348
・緊急時連絡先:(671) 688-7266
・FAX:(671) 649-1858
・E-mail:info-guam@gu.mofa.go.jp
保険会社グアム旅行中に緊急事態が発生した場合、保険会社に連絡することが必要です。保険会社によって、連絡先が異なる場合があるため、旅行前に確認しておくことが大切です。

参考 外務省海外安全ホームページ|安全対策基礎データ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_224.html#:~:text=%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%A0%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%80%812021,%E3%81%AF%E9%AB%98%E3%81%84%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

参考 外務省海外安全ホームページ|危険・スポット・広域情報|現地大使館・総領事館からの安全情報 履歴
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=1002

以上、グアム旅行の安全対策について、基本的な準備から緊急時の対応まで詳しく説明してきました。旅行前には、これらの安全対策に十分な準備をして、安心して楽しい旅行を過ごしましょう。

著者プロフィール
地方自治体にて起業支援・地域振興業務に従事後、コワーキングスペースの立ち上げ、イベント運営やクラウドファンディング、補助金事業サポートなど多数経験。事業立ち上げで培ったコンテンツマーケティングの経験や人的ネットワークを活かし、YOKUMIRU株式会社の海外に関する記事を担当。多方面にわたる情報収集力に長け、趣味の海外旅行で集めた情報も盛り込み、ブログを執筆している。
海外生活の情報をお届け
ヨクミルのSNSでは、海外生活の情報を日々投稿しています。
ぜひチェックしてみてください。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索

ヨクミル医療相談
-海外から日本人医師に相談-
をダウンロード
Download on the App store Google Playで手に入れよう